Loading...
welcome!
月虹
Plume en ambre
二次創作中心に掲載しています。日陰な感じなモノはこちらに。アーカイブだったりもします。

メインコンテンツです。 文章中心。
こちらはどちらかというと過去の、二次創作モノ(つまりは原作有りモノ)になってます。
原作へのリスペクトは(自分的には)常にmaxなつもりなんですが。 愛情高じて、なんか違う方向に行っちゃっている可能性もあります。 (自分では分からないけど、そうなんだろーなと、時に冷静に立ち戻るとそう思う)
ま、やっちゃった事は取り返し付かないんだよな。。(と自責はするものの、反省に乏しい、ような)

説明?

そこそこ数は多いので、ツリー表示にしてます。(下層ツリーの読み込みはクリック時に行っています。少しは処理速度改善?)
付きが小説のタイトルです。
が出てくる迄、タイトル左横マーク周辺をクリックしていってください。
が付いているタイトルをクリックすると小説ページに移動します。
但し、拍手御礼頁には移動出来ません。
期日限定頁については、オープン期間は移動出来ますが、それ以外は期日御礼頁トップに移動します。
フォルダマークから移動出来ない場合は、所属する小説が存在していません。(予定の場所?)

以上、ご了承願います~

少ないですが、以下、タグ付けしてます。(あくまでも目安?傾向として)ご利用下さい♪

Recent Update
今は盛りの、春。というのは、恥ずかしながら、身内の話だ。季節は確かに春と分類されるかもしれないが、まだまだ肌寒く、独り寝は辛い。だが私はこの時節が嫌いではない。しんと底冷えするような寒さではあるが、お...
Read more
眠りの浅い妻を常日頃からその虚弱さと共に心配している身としては喜ばしい限りだ。いちは布団の真ん中で丸くなっているのだろう、布団が膨らんでいる。幼い頃のままの愛らしい姿が想像できて微笑ましくもある。いち...
Read more
(あたしとした事が、とんだ失態だ)己はあまりにも恋女房に弱過ぎるのだということは誰かにー例えば佐助などにー言われなくても充分自覚している。結局重要な身体の変調についてお嬢さんに明確に説明出来ていないま...
Read more
騒々しく小鬼達がーといっても店にいる他のただびとである奉公人達がその姿を目にすることはないー仁吉の元に競うように駆けて来たのは、仁吉が丁度、番頭と共に帳場の奥で勘定用の帳簿と卸の帳簿の突き合わせを終わ...
Read more
ぱたぱたという軽い足音と共に珍しくもお嬢さんが駆けてきたのを、丁度奥から店へと戻ろうとしていた佐助は見咎め、慌ててお嬢さんを止めた。「お嬢さん、走ってはお身体に障りますよ、いけません!」言葉だけでなく...
Read more
Preview
Information(Board)
こちらのサイト新装オープンより一週間経過しました。 オープン後もこそこそと手直しやら機能追加してましたが、そろそろきちんと形になってきたような気がします。 パーフェクト状態になってからオープンにしろ、という感じですが。 うーん、きりが良い期日をオープン日にしたかったんですよね。 本当は10月1日が良かったんだけど、ちょっとその時期は忙しくなりそうだったので(って今もそこそこ忙しくはあるんですが)、早めてしまいました。 そしてこのメッセージも他サイトと共通だったりします。(スイマセン、ずぼらで) まだまだ不具合はありそうですし、寧ろこう!とかコレないの?!とか、あるんじゃないかなーと思います。 そうした際のご意見はこちらのトピックに頂けると助かります。 よろしくお願いします♪
Read more